日本でバカラ罫線について。

カジノバカラプレイヤーかバンカーどちらが勝つか、確率は常に50パーセント【専門的な細かい確率は抜きにして】です。
シンプルで単純なこのゲームが,何故カジノの王様といわれるですか。
カンタンで単純なはずなのに、何故ここまで人を魅了するのか。
必勝法とまで言う人もいるこの罫線について、どう向き合っていくのか、攻略法として使えるのか、考察していきます。
バカラ 罫線 アプリもうあります。

 

2020年のベストバカラサイト

カシノボーナス動作環境日本語対応今すぐボーナスを得る
1xbet(ワンバイベット)
新規プレイヤーボーナス€100
windows ios android
レビュー
Casino Secret カジノシークレット
初回入金キャッシュバック通常最大45000円
windows ios android
レビュー
Casino-X「カジノエックス」
最大¥200,000初回入金ボーナス+22回のフリースピン
windows ios android
レビュー

バカラにおける罫線とは?

罫線とはバカラにおいて、過去の勝敗を一目でわかるようにした出目表です。
その卓でプレイヤーバンカーが、何敗ずつしているのかだけじゃなく、勝ち負けの順番さえも一目でわかるように記録されたもんだ。
そしてこの罫線を使って人は不確実なヒントもない次の勝敗を予想するのです。
20戦中 プレイヤー9勝 バンカー11勝
バカラテーブルを見ると書きました。このようにただプレイヤーとバンカーの勝ち負けの数だけを教えられては、
1.ゲームする方が9連勝した後に、バンカーが11連勝したのですか?
2.バンカーが2連勝したあと、プレイヤーとバンカーが交互に1勝ずつしてたのですか。
勝ち負けの数だけでは、細かい情報やどういった状況だったのかは全く伝わりません。こういった問題を一発で解決してくれるのが罫線です。

グラフの見方と用語について

ミニバカラやバカラに関係なく、過去数十ゲームの勝敗の結果をみやすく一覧にした「出目表」のこと。
大きなバカラテーブルの場合、最近ではディーラーの背面に電光掲示板の出目表が掲げられているところも多いので、自ら書く必要があまりなくなってます。
まだ電光掲示板がないカジノ、ミニバカラのテーブルでプレイする時には、これから紹介していく罫線の書き方が役に立つはずです。

罫線の種類について

まず罫線の種類ですが、バカラ ギャンブルネームは次の5つです。
では、総称として「中華罫線」と呼ばれています。

  • 大路(ダイロ、ダァルー)
  • 小路(シュウロ、シャォルー)
  • 大眼仔(ダイガンチャイ、ダァガンツー)
  • 甲由路(カッチャロ)

珠盤路(チューチャイロ)罫線は、なぜ数種類に分かれているのでしょうか?
過去の出目表を見て予測する手段として使います。

この中で基本的な罫線は「大路」です。
これは、単純に勝敗を並べた出目表の並べ方を変えて、過去の出目の傾向を見やすくしたもの。
他の罫線も、「過去の履歴から次の出目を予想する」目的については変わりません。
ただ、それぞれが特殊ルールに従っていて記録も変わることになります。
だから、もし大路で規則性が掴めない出目だったとしても、他の罫線を見たら規則性を見出せる可能性もあります。
基本的な罫線「大路」の書き方について
初心者にも理解しやすく一番基本的な「大路(ダイロ、ダァルー)」について説明します。
英語では、「Bankcard」、「Big Road」、「Baccarat Ruled Line」、「Baccarat Trends」となります。

バカラ罫線(大路)

罫線を初めて見る方でも、この表の意味はわかると思います。
「大路」とは、勝った順にそのまま単純に記録するだけ!
アメリカやヨーロッパでは、「バンカーは青」、「プレイヤーは赤」となっています。
アジア諸国では、「バンカーは赤」、「プレイヤーは青か黒」で記載するのが一般的だそうです。
一番左上から順番に記録し始めます。
連勝した場合、下に続けて記録。もしも違う側が勝った場合は、列を隣に移します。

今日は自分のプレイ結果はバカラの勝率はバンカーが約50.68%、プレイヤーが約49.32%(引き分けを考慮に入れない)のため、今回はその平均値50%よりも悪い結果でした。いろいろなバカラの攻略法を使いました。
今回の勝因は小路予測に自信のある時にベット額を上げたことでしょう。
自信のあるときに自信のない時と同じベット額では勝ったとしてもリターンは少ないです。